top of page

超音波内視鏡を受けてきました

本日は、クリニックを休診にさせていただき(ご迷惑をお掛けして申し訳ございません)

超音波内視鏡内視鏡検査を受けてきました。

超音波内視鏡とは、超音波内視鏡は胃カメラの先に超音波機器がついており、より膵臓に近い位置から超音波で膵臓の内部が見られる検査です。

私自身、膵臓癌に罹患するリスクが高いため1回/6か月でこの検査を受けています。

先日のMRCPと超音波内視鏡を交互に受けることで、早期に膵がんが発見できると信じております。

結果は前回と変わりなく、5㎜程度の膵嚢胞が認められるだけでした。

結果を聞くまで不安でしたが、これであと3か月頑張れます。

最近、このブログを読んで膵がんドックを受けてくださる方が増えています。

話を聞いてみると、膵がんは気になるけれどどこへ行ってよいのかわからなかったという方が多い印象です。

前にも書きましたが、膵がんは普通の人間ドックで行っている腹部超音波検査(腹部エコー)だけでは不十分です。リスクのある方は是非、膵がんドックを受けてください。







閲覧数:35,050回

現在の予約状況について

胃カメラは6月中旬頃大腸カメラは7月初旬頃 同日の胃・大腸カメラは7月中旬頃 となっております。 緊急性があると判断した場合はこの限りではございません。 2024.5.21 武蔵小山胃腸内視鏡クリニック 院長 土井健一

ゴールデンウイーク中の休診について

2024年4月28日(日)~5月6日(月)まで休診となります。 5月7日(火)より通常診療となります。 ご迷惑をおかけいたしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。 2024.4.10. 武蔵小山胃腸内視鏡クリニック 院長 土井健一

担当医師の変更について

2024年4月より毎週金曜日午前中の内視鏡担当は女性医師となります。 詳しくは以下参照してください。 https://www.msk-cl.com/about 2024.4.2 武蔵小山胃腸内視鏡クリニック 院長 土井健一

Comentários


bottom of page