内視鏡医の使命とは

内視鏡医の使命は、がんを早期に発見して胃がんや大腸がんで亡くなる方をゼロにすることです。

果たしてそれだけでしょうか?

患者さんが内視鏡を受ける理由は、がんがあるかどうかを知りたいだけではありません。

最近、コロナ渦におけるストレスから胃腸の異常を訴える方が多数いらっしゃいます。

当院では、そのような胃腸の異常を訴える患者さんに器質的疾患(がん、潰瘍、炎症など)がないか胃カメラや大腸カメラを行います。

その結果、「異常がなかったからよかったですね。また1年後検査しましょうね。」と言って帰すのは本当の内視鏡医ではありません。もし、それで帰してしまうような医師がいるとしたなら、それは内視鏡医ではなくただの検査屋だと思っています。全く患者さん目線に立っていません。

患者さんはがんなどの病気がなかったとホッとはしますが、本当に求めているのはそこではなく、症状がよくなることなのです。 私は、自分を頼って通院してくださる患者さんに対して、症状が改善するまで責任をもって診療をしたいと思っております。

464回の閲覧

最新記事

すべて表示

臨時休診のお知らせ

2021年6月14日(月)は都合により休診とさせていただきます。 ご迷惑をお掛け致しますが、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。 武蔵小山胃腸内視鏡クリニック 院長 土井健一

膵臓癌の記事について

このブログで2020年7月10日に膵臓癌についてという記事を書きましたが、9か月弱で述べ10000人以上の方に読んでいただきました。これは驚くべき数字で、現に膵臓癌についての問い合わせも日に日に増えています。神奈川、千葉、埼玉などから2時間以上かけて来院される患者様もいらっしゃいます。よくお話を伺ってみると、「膵臓癌が心配だがどこへ行ってよいかわからない。」、「家族が膵臓癌で亡くなり同じ境遇の先生

診療時間変更のお知らせ

内視鏡検査希望の患者様が増加しており、1日の内視鏡検査枠を増やしたため午後の外来診療時間を下記の様に変更させていただきます。なお、当院では引き続き、原則として外来、検査とも予約制と致します。月曜日、火曜日の外来は比較的空いておりますので、お時間のある方は月曜日、火曜日の外来受診をお勧めいたします。患者様にはご迷惑をお掛け致しますが、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。   内視鏡検査