top of page

内視鏡医の使命とは

内視鏡医の使命は、がんを早期に発見して胃がんや大腸がんで亡くなる方をゼロにすることです。

果たしてそれだけでしょうか?

患者さんが内視鏡を受ける理由は、がんがあるかどうかを知りたいだけではありません。

最近、コロナ渦におけるストレスから胃腸の異常を訴える方が多数いらっしゃいます。

当院では、そのような胃腸の異常を訴える患者さんに器質的疾患(がん、潰瘍、炎症など)がないか胃カメラや大腸カメラを行います。

その結果、「異常がなかったからよかったですね。また1年後検査しましょうね。」と言って帰すのは本当の内視鏡医ではありません。もし、それで帰してしまうような医師がいるとしたなら、それは内視鏡医ではなくただの検査屋だと思っています。全く患者さん目線に立っていません。

患者さんはがんなどの病気がなかったとホッとはしますが、本当に求めているのはそこではなく、症状がよくなることなのです。 私は、自分を頼って通院してくださる患者さんに対して、症状が改善するまで責任をもって診療をしたいと思っております。

閲覧数:826回

現在の予約状況について NEW

胃カメラは2月下旬頃大腸カメラは3月下旬頃 同日の胃・大腸カメラは4月初旬頃 となっております。 緊急性があると判断した場合はこの限りではございません。 2024.2.1 武蔵小山胃腸内視鏡クリニック 院長 土井健一

マイナンバーカードの保険証利用が可能となりました。

当院では、保険証の代わりにマイナンバーカードによる保険資格を確認するオンライン資格確認システムを導入しました。これにより、患者様の受診歴、薬剤情報、特定健診情報、その他必要な診療情報を取得・活用して診療を行います。 それに伴い「医療情報・システム基盤整備体制充実加算」を算定します。 ご来院の際にはマイナンバーカードをご持参ください。マイナンバーカードの保険証利用には事前の登録が必要です。 詳細はこ

第4土曜日の内視鏡について

休職中の神津馨里奈先生が2月より復帰されます。 第4土曜日の午前中の胃カメラ、大腸カメラを担当していただきます。 武蔵小山胃腸内視鏡クリニック 院長 土井健一

bottom of page