4か月

最終更新: 2020年3月18日

今日で開院4か月が経過しました。 この4か月間で胃カメラ251件(アニサキス摘出5件含む)、大腸カメラ249件(ポリープ切除80件含む)計500件の内視鏡検査を施行いたしました。

たくさんの方に内視鏡検査を受けて頂き感謝いたしております。 これからもスタッフ一丸となって苦痛の少ない内視鏡を提供し、胃癌、大腸癌で亡くなる方がゼロになるよう精進して参ります。 どうぞよろしくお願い申し上げます。


武蔵小山胃腸内視鏡クリニック

院長 土井健一

672回の閲覧

最新記事

すべて表示

大島康徳さん

元プロ野球選手、大島康徳さんが2021年6月30日にお亡くなりになりました。 まずは大島さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。 大島さんといえば、中日ドラゴンズの黄金期の4番バッターでとてもチャンスに強かった印象が強いです。私は巨人ファンですが、敵としたらこんなに嫌なバッターはいませんでした。なので日本ハムに移籍した時、とても嬉しかったのを覚えております。 数年前に大島さんが大腸がんのステージ4

新型コロナウィルスによる弊害

最近当院では、内視鏡によって食道がん、胃がん、大腸がんが発見される機会が増えております。症状があっても新型コロナウィルス感染が怖くてなかなか検査を受けられず、いよいよ我慢ができなくなり、やっと検査を受けて進行がんで見つかるケースもあります。 また、毎年健康診断やドックで内視鏡検査を受けていたのに、昨年はコロナで受けられなかったという患者様が来院されることも多くなりました。  内視鏡検査は食道がん、

膵臓癌の記事について

このブログで2020年7月10日に膵臓癌についてという記事を書きましたが、9か月弱で述べ10000人以上の方に読んでいただきました。これは驚くべき数字で、現に膵臓癌についての問い合わせも日に日に増えています。神奈川、千葉、埼玉などから2時間以上かけて来院される患者様もいらっしゃいます。よくお話を伺ってみると、「膵臓癌が心配だがどこへ行ってよいかわからない。」、「家族が膵臓癌で亡くなり同じ境遇の先生