1周年

早いもので本日、開院から1年を迎えることができました。

患者さんに選んでもらえるクリニックを目指し、常に患者さん目線で「お待たせしない・わかりやすい説明をする・苦痛の少ない内視鏡を提供をする」をモットーに頑張って参りました。新型コロナウィルスの影響で一時期患者さんが激減しましたが、おかげさまで1年間で1900件ほどの内視鏡検査を受けて頂くことができました。

これだけ多くの件数を特に大きなトラブルもなく行えたことは、患者さんのご理解とスタッフのおかげだと思い、この場を借りて感謝申し上げます。

これからも多くの内視鏡検査をすることで胃がん、大腸がんを早期で発見でき、一人でも多くの患者さんを救えると思っております。

現状に満足することなく、よりよいクリニックとなるようスタッフ一丸となって努力してまいります。

これからもどうぞよろしくお願い申し上げます。


令和2年11月1日

武蔵小山胃腸内視鏡クリニック

院長 土井健一

閲覧数:449回

これまで第3第4土曜日の午前中の内視鏡検査を担当していた神津馨里奈医師が4月いっぱいで休職されたため、5月から当面の間、第3第4土曜日の内視鏡は院長が担当いたします。 武蔵小山胃腸内視鏡クリニック

当院では3回目のコロナワクチン接種の予定はありません。 当院で接種した方も他の施設での接種をお願い致します。 ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解のほど宜しくお願い申し上げます。 2022.1.26 武蔵小山胃腸内視鏡クリニック 院長 土井健一

新年あけましておめでとうございます。 昨年はたくさんの患者様に内視鏡検査を受けて頂きました。(胃カメラ2191件、大腸カメラ2022件) 近隣の方だけでなく他県など遠方の患者様にもたくさんお越しいただき、この場をお借りして感謝申し上げます。 当院は昨年11月より開業3年目に突入し、すでに複数回検査を受けて頂いている患者様も数多くいらっしゃいます。 胃カメラ、大腸カメラを定期的にやることによって限り