1周年

早いもので本日、開院から1年を迎えることができました。

患者さんに選んでもらえるクリニックを目指し、常に患者さん目線で「お待たせしない・わかりやすい説明をする・苦痛の少ない内視鏡を提供をする」をモットーに頑張って参りました。新型コロナウィルスの影響で一時期患者さんが激減しましたが、おかげさまで1年間で1900件ほどの内視鏡検査を受けて頂くことができました。

これだけ多くの件数を特に大きなトラブルもなく行えたことは、患者さんのご理解とスタッフのおかげだと思い、この場を借りて感謝申し上げます。

これからも多くの内視鏡検査をすることで胃がん、大腸がんを早期で発見でき、一人でも多くの患者さんを救えると思っております。

現状に満足することなく、よりよいクリニックとなるようスタッフ一丸となって努力してまいります。

これからもどうぞよろしくお願い申し上げます。


令和2年11月1日

武蔵小山胃腸内視鏡クリニック

院長 土井健一

最新記事

すべて表示

クリニックの成長に向けて

先日、胃カメラを1本購入しました。これで胃カメラ3本、大腸カメラ3本体制で内視鏡を行うことができます。現在、毎月300件近い内視鏡検査をしており、内視鏡の洗浄が間に合わず患者様をお待たせしてしまうこともありました。胃カメラ1本購入することでよりスムーズに検査を回せることができると思います。(外来が混んでしまった場合はお待たせしてしまうと思いますがごめんなさい) そして、2月から常勤看護師が1名増え

緊急事態宣言中の診療について

1/8から首都圏1都3県に緊急事態宣言が発令されましたが、当院では通常通り、診療、内視鏡検査を行います。 ホームページのトップページにもありますよう、予約の患者様には安心して内視鏡検査を受けて頂くため、新型コロナウィルス感染を疑うような発熱、咳、味覚嗅覚障害のある患者様はオンライン診療のみ行います。また、外来診療は当面の間、原則として完全予約制にさせていただきます。 胃腸の症状がある方、内視鏡検査

超音波内視鏡を受けてきました

本日は、クリニックを休診にさせていただき(ご迷惑をお掛けして申し訳ございません) 超音波内視鏡内視鏡検査を受けてきました。 超音波内視鏡とは、超音波内視鏡は胃カメラの先に超音波機器がついており、より膵臓に近い位置から超音波で膵臓の内部が見られる検査です。 私自身、膵臓癌に罹患するリスクが高いため1回/6か月でこの検査を受けています。 先日のMRCPと超音波内視鏡を交互に受けることで、早期に膵がんが

武蔵小山胃腸内視鏡クリニック

内視鏡内科・胃腸内科・内科

​​胃カメラ・大腸カメラ

東京都品川区小山4-13-13

0120-949-922(フリーダイヤル)

  • Facebookの - ホワイト丸
  • Instagramの - ホワイト丸
  • ツイッター - ホワイト丸

©2019 武蔵小山胃腸内視鏡クリニック

Built & Supported by "EQUATOR"