膵臓癌の記事について

最終更新: 7月5日

 このブログで2020年7月10日に膵臓癌についてという記事を書きましたが、9か月弱で述べ10000人以上の方に読んでいただきました。これは驚くべき数字で、現に膵臓癌についての問い合わせも日に日に増えています。神奈川、千葉、埼玉などから2時間以上かけて来院される患者様もいらっしゃいます。よくお話を伺ってみると、「膵臓癌が心配だがどこへ行ってよいかわからない。」、「家族が膵臓癌で亡くなり同じ境遇の先生なら気持ちがわかってくれると思って来ました。」など。このブログに辿り着いて来院してくださる患者様には、膵臓癌の検査について(どのくらいの間隔でどのような検査が必要かなど)詳しく説明させていただいております。

 下世話な話をしますと、膵臓癌の検査は当院で行うわけではないので検査をしても当院の収益はほとんどありません。私は、私と同じ境遇の方の不安を取り除いてあげたい、一人でも多くの患者様を膵臓癌から救ってあげたい、そんな思いで行っております。 もし、この記事を読んで膵臓癌について不安な方がいらっしゃいましたらぜひ、当院にお越しください。


『膵臓癌について』

1,251回の閲覧

最新記事

すべて表示

検査までお待たせしないクリニック

人気のあるクリニックでは、内視鏡検査を予約しても1か月2か月先なんてことは普通にあります。 胃腸の調子が悪くて、何か病気があるんじゃないかと不安を抱いてクリニックに行っても、検査が1か月先と言われたらどうでしょう?その患者様は1か月不安を抱えながら過ごさなければなりません。もし癌に罹患されていたとして検査が1か月先ではかなり進行してしまうこともあり得ます。 当院は開院当初から「お待たせしない」をモ

大島康徳さん

元プロ野球選手、大島康徳さんが2021年6月30日にお亡くなりになりました。 まずは大島さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。 大島さんといえば、中日ドラゴンズの黄金期の4番バッターでとてもチャンスに強かった印象が強いです。私は巨人ファンですが、敵としたらこんなに嫌なバッターはいませんでした。なので日本ハムに移籍した時、とても嬉しかったのを覚えております。 数年前に大島さんが大腸がんのステージ4

新型コロナウィルスによる弊害

最近当院では、内視鏡によって食道がん、胃がん、大腸がんが発見される機会が増えております。症状があっても新型コロナウィルス感染が怖くてなかなか検査を受けられず、いよいよ我慢ができなくなり、やっと検査を受けて進行がんで見つかるケースもあります。 また、毎年健康診断やドックで内視鏡検査を受けていたのに、昨年はコロナで受けられなかったという患者様が来院されることも多くなりました。  内視鏡検査は食道がん、