緊急事態宣言中の診療について

1/8から首都圏1都3県に緊急事態宣言が発令されましたが、当院では通常通り、診療、内視鏡検査を行います。

ホームページのトップページにもありますよう、予約の患者様には安心して内視鏡検査を受けて頂くため、新型コロナウィルス感染を疑うような発熱、咳、味覚嗅覚障害のある患者様はオンライン診療のみ行います。また、外来診療は当面の間、原則として完全予約制にさせていただきます。 胃腸の症状がある方、内視鏡検査希望の方は安心してご来院ください。 当日胃カメラ希望の方はお待ちいただくかもしれませんが、お食事さえしていなければご希望通り行えますのでお電話ください。


武蔵小山胃腸クリニック

院長 土井健一

286回の閲覧

最新記事

すべて表示

あけましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます。 昨年はたくさんの患者様に内視鏡検査を受けて頂きました。(胃カメラ2191件、大腸カメラ2022件) 近隣の方だけでなく他県など遠方の患者様にもたくさんお越しいただき、この場をお借りして感謝申し上げます。 当院は昨年11月より開業3年目に突入し、すでに複数回検査を受けて頂いている患者様も数多くいらっしゃいます。 胃カメラ、大腸カメラを定期的にやることによって限り

年末年始の診療について

2021年12月29日(水)の午後から2022年1月6日(木)まで休診とさせていただきます。 2022年1月7日(金)より通常診療を開始致します。 ご迷惑をおかけいたしますがご理解のほど宜しくお願い申し上げます。 武蔵小山胃腸内視鏡クリニック 院長 土井健一

2周年

本日、開院から2年を迎えることができました。 内視鏡件数も1年目は胃カメラ990件大腸カメラ904件でしたが、2年目は胃カメラ2048件大腸カメラ1877件といずれも2倍以上に増えました。年間約4000件もの内視鏡検査を大きなトラブルもなく行えたのは、患者様のご理解とスタッフの協力があってこそだと思います。この場をお借りして感謝申し上げます。 おかげさまでリピーターや、ご家族皆で検査を受けに来てく