緊急事態宣言中の診療について

1/8から首都圏1都3県に緊急事態宣言が発令されましたが、当院では通常通り、診療、内視鏡検査を行います。

ホームページのトップページにもありますよう、予約の患者様には安心して内視鏡検査を受けて頂くため、新型コロナウィルス感染を疑うような発熱、咳、味覚嗅覚障害のある患者様はオンライン診療のみ行います。また、外来診療は当面の間、原則として完全予約制にさせていただきます。 胃腸の症状がある方、内視鏡検査希望の方は安心してご来院ください。 当日胃カメラ希望の方はお待ちいただくかもしれませんが、お食事さえしていなければご希望通り行えますのでお電話ください。


武蔵小山胃腸クリニック

院長 土井健一

閲覧数:295回

2022年12月28日(水)の午後から2023年1月5日(木)まで休診とさせて頂きます。 2023年1月6日(金)より通常診療開始させていただきます。 なお、現在内視鏡検査が大変込み合っており、胃カメラ・大腸カメラとも約1か月待ちと なっております。患者様には大変ご迷惑をお掛け致しますが、何卒ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。 武蔵小山胃腸内視鏡クリニック 院長 土井健一

当院ではかかりつけ以外の方にもインフルエンザワクチンの接種を開始致しました。 費用は3300円(税込み)です。 なお、公費による接種は行っておりません。 数に限りがありますのでご希望の方はお早めにお電話ください。 2022.10.18 武蔵小山胃腸内視鏡クリニック 院長 土井健一

諸事情により、当面の間オンラインでの初診外来は中止とさせていただきます。 ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解のほど宜しくお願い申し上げます。 2022.10.1 武蔵小山胃腸内視鏡クリニック 院長 土井健一