患者さまへお詫び

 当院では現在、原則として外来は予約制とさせていただいておりますが、最近内視鏡検査希望の患者様が急増し、予約にもかかわらず外来診察の患者様の待ち時間が30分から1時間とかなり長くなってしまっております。この場をお借りしてお詫び申し上げます。  2月から看護師を増員し内視鏡件数の枠も増やし、1日15-20件の内視鏡検査を行っております。当院では、症状のある方はできるだけ早く検査をしてあげたいという思いから、胃カメラについては可能な限り当日か翌日には検査をしております。その結果、1日の内視鏡予約件数より3.4件多く行っているのが現状です。1日の予約件数枠を減らしたり、外来の予約枠を減らすことによって待ち時間を短くすることはできますが、そうすると症状のある方が内視鏡検査をできるまでに時間を要することになり、結果が出るまで不安な日々が続いてしまうと思います。とはいえ、予約で診察で来られた患者様を1時間以上お待たせしてしまうことは大変心苦しく、その狭間でとても悩んでおります。  現在の状況がベストとは考えておらず、患者様にとって一番良い方法を模索しておりますので、しばらくはご迷惑をおかけしてしまい大変申し訳ございませんが、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。


武蔵小山胃腸内視鏡クリニック

院長 土井健一

閲覧数:1,311回

2022年12月28日(水)の午後から2023年1月5日(木)まで休診とさせて頂きます。 2023年1月6日(金)より通常診療開始させていただきます。 なお、現在内視鏡検査が大変込み合っており、胃カメラ・大腸カメラとも約1か月待ちと なっております。患者様には大変ご迷惑をお掛け致しますが、何卒ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。 武蔵小山胃腸内視鏡クリニック 院長 土井健一

当院ではかかりつけ以外の方にもインフルエンザワクチンの接種を開始致しました。 費用は3300円(税込み)です。 なお、公費による接種は行っておりません。 数に限りがありますのでご希望の方はお早めにお電話ください。 2022.10.18 武蔵小山胃腸内視鏡クリニック 院長 土井健一

諸事情により、当面の間オンラインでの初診外来は中止とさせていただきます。 ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解のほど宜しくお願い申し上げます。 2022.10.1 武蔵小山胃腸内視鏡クリニック 院長 土井健一