患者さまへお詫び

 当院では現在、原則として外来は予約制とさせていただいておりますが、最近内視鏡検査希望の患者様が急増し、予約にもかかわらず外来診察の患者様の待ち時間が30分から1時間とかなり長くなってしまっております。この場をお借りしてお詫び申し上げます。  2月から看護師を増員し内視鏡件数の枠も増やし、1日15-20件の内視鏡検査を行っております。当院では、症状のある方はできるだけ早く検査をしてあげたいという思いから、胃カメラについては可能な限り当日か翌日には検査をしております。その結果、1日の内視鏡予約件数より3.4件多く行っているのが現状です。1日の予約件数枠を減らしたり、外来の予約枠を減らすことによって待ち時間を短くすることはできますが、そうすると症状のある方が内視鏡検査をできるまでに時間を要することになり、結果が出るまで不安な日々が続いてしまうと思います。とはいえ、予約で診察で来られた患者様を1時間以上お待たせしてしまうことは大変心苦しく、その狭間でとても悩んでおります。  現在の状況がベストとは考えておらず、患者様にとって一番良い方法を模索しておりますので、しばらくはご迷惑をおかけしてしまい大変申し訳ございませんが、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。


武蔵小山胃腸内視鏡クリニック

院長 土井健一

閲覧数:1,237回

これまで第3第4土曜日の午前中の内視鏡検査を担当していた神津馨里奈医師が4月いっぱいで休職されたため、5月から当面の間、第3第4土曜日の内視鏡は院長が担当いたします。 武蔵小山胃腸内視鏡クリニック

当院では3回目のコロナワクチン接種の予定はありません。 当院で接種した方も他の施設での接種をお願い致します。 ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解のほど宜しくお願い申し上げます。 2022.1.26 武蔵小山胃腸内視鏡クリニック 院長 土井健一

新年あけましておめでとうございます。 昨年はたくさんの患者様に内視鏡検査を受けて頂きました。(胃カメラ2191件、大腸カメラ2022件) 近隣の方だけでなく他県など遠方の患者様にもたくさんお越しいただき、この場をお借りして感謝申し上げます。 当院は昨年11月より開業3年目に突入し、すでに複数回検査を受けて頂いている患者様も数多くいらっしゃいます。 胃カメラ、大腸カメラを定期的にやることによって限り