初めての遠隔診療

開業してどうしてもやりたかったことの1つに遠隔診療があります。

遠隔診療とは、患者さんのスマホと当院のパソコンを使用しテレビ電話で診療することです。

ポリープ切除した際に、そのポリープを病理検査に出して顕微鏡で詳しく細胞を見てもらうのですが、結果が出るまで10日ほどかかります。お忙しい方に、その結果を聞くためにだけ時間を割いて来院していただくのは忍びないので、どうしても採用したかったのです。

患者さんにはスマホにアプリを入れ、クレジットカード情報を入力していただく必要がありますが、一度入力すれば次回からは簡単に利用できますので、お忙しい患者さんにはぜひ利用していただければと思います。

今のところ、ポリープ切除した際の病理結果の説明に限定させていただいておりますが、今後はもっと幅広く活用できればと思っております。


先日初めて遠隔診療をしましたが、予約時間になったらこちらから電話をしてお互いの顔を見ながら結果を説明させていただきました。とても簡単でよい感じにできました。



261回の閲覧

最新記事

すべて表示

膵臓癌の記事について

このブログで2020年7月10日に膵臓癌についてという記事を書きましたが、9か月弱で述べ10000人以上の方に読んでいただきました。これは驚くべき数字で、現に膵臓癌についての問い合わせも日に日に増えています。神奈川、千葉、埼玉などから2時間以上かけて来院される患者様もいらっしゃいます。よくお話を伺ってみると、「膵臓癌が心配だがどこへ行ってよいかわからない。」、「家族が膵臓癌で亡くなり同じ境遇の先生

患者さまへお詫び

当院では現在、原則として外来は予約制とさせていただいておりますが、最近内視鏡検査希望の患者様が急増し、予約にもかかわらず外来診察の患者様の待ち時間が30分から1時間とかなり長くなってしまっております。この場をお借りしてお詫び申し上げます。  2月から看護師を増員し内視鏡件数の枠も増やし、1日15-20件の内視鏡検査を行っております。当院では、症状のある方はできるだけ早く検査をしてあげたいという思い

クリニックの成長に向けて

先日、胃カメラを1本購入しました。これで胃カメラ3本、大腸カメラ3本体制で内視鏡を行うことができます。現在、毎月300件近い内視鏡検査をしており、内視鏡の洗浄が間に合わず患者様をお待たせしてしまうこともありました。胃カメラ1本購入することでよりスムーズに検査を回せることができると思います。(外来が混んでしまった場合はお待たせしてしまうと思いますがごめんなさい) そして、2月から常勤看護師が1名増え